Spooky2 コールドレーザーツイン

2,284

Spooky2 コールドレーザーツイン

Spooky2 は、最新のソリッドステートレーザーテクノロジーを使って、便利で手頃な価格のコールドレーザー治療を家庭にもたらします。

Spooky2 Cold Laserには2つのモデルがあり、それぞれにSpooky2 XMジェネレーターに直接接続するアダプターケーブルが付いています。

注記: Eパケットによる送料無料を選択した場合、到着までに1〜2か月かかる場合があります。

クリア
商品コード: SP-2G230-01 カテゴリー:

説明

説明

Spooky2 は、最新のソリッドステートレーザーテクノロジーを使って、便利で手頃な価格のコールドレーザー治療を家庭にもたらします。

Spooky2 Cold Laserには2つのモデルがあり、それぞれにSpooky2 XMジェネレーターに直接接続するアダプターケーブルが付いています。

この装置が、耳、鼻、へそ、または鍼治療用の2 x 7mW 650nmレーザーを備えたSpooky2コールドレーザーツインです。 このモデルにはシリコンカバーがスペアで2つ付属しています。

Spooky2 コールドレーザーリストもここにあります。

Spooky2 コールドレーザー仕様書

最大電圧:10v(-100%オフセット)
最小ソースインピーダンス:50オーム
最大周波数:1 MHz
定格光パワー:最大8mW
動作電流範囲:12mA – 23mA

光学特性:
波長:640nm – 650nm
ビーム発散:8度

コールドレーザーのバックグランド

コールドレーザー療法、または低レベルレーザー療法(LLLT)は、特定の波長の光を使って組織と相互作用する治療法です。この治療法は身体の自然治癒過程を加速します。さまざまな急性や慢性の症状に苦しんでいる人たちは、コールドレーザー治療を施すことで、痛みの軽減、腫れを緩和、痙攣を減少などが起き、機能性を高めることができます。

コールドレーザーは、非熱光子の光を与える低出力レーザーです。 これらの光子は、真皮、表皮、皮膚の下の皮下組織または組織脂肪を通過します。 このレーザーは大体一度に最大30分間照射されますが、それより長い時間の治療でも悪影響を引き起こすことはありません。

光エネルギーは吸収され、細胞内の光感知成分と相互作用します。 このプロセスは植物の光合成に非常に似ています。 日光は植物によって吸収され、植物が成長するためのエネルギーに変換されます。

細胞が吸収した光エネルギーにより、各細胞は「正常化」します。この増加する細胞内代謝は、痛み、炎症、浮腫の軽減と治癒時間の短縮をもたらします。レーザー療法によって細胞に吸収された光子は、ミトコンドリアを刺激してATPの生成を加速します。細胞エネルギーの生化学的増加は、生きた細胞を病気の状態から安定した健康な状態に戻すために使用されます。

コールドレーザー治療は、筋肉、靭帯、軟骨、神経など、ほとんどのタイプの細胞を刺激できます。コールドレーザー療法は以下の症状に有効です:

  • 骨再生
  • 手根管症候群
  • 歯の痛み
  • 象牙質知覚過敏症
  • 肘の障害
  • 線維筋痛症
  • 口唇ヘルペス
  • 変形性膝関節症
  • リンパ浮腫
  • 筋骨格機能障害
  • 筋筋膜痛症候群
  • 神経機能障害
  • 痛みの軽減(例:急性および慢性腰痛/首の痛み、歯列矯正の痛み、肩の痛み)
  • 膝蓋大腿痛症候群
  • 理学療法(手根管開放後のリハビリを含む)
  • 再発性アフタ性口内炎/潰瘍
  • 関節リウマチ
  • 肩衝突症候群
  • 顎関節症
  • 耳鳴り
  • 創傷治癒(糖尿病性潰瘍および歯肉治癒を含む)

 コールドレーザーの有効性

医師は、痛みを軽減するための効果的で代替的な方法を模索している患者に対して、40年以上にわたってコールドレーザー療法を使用してきました。1967年以降、世界中で2,500件を超える臨床研究が発表されています。これらの研究のほとんどは二重盲検でプラセボ対照でした。 これらは痛みの緩和のためのコールドレーザー治療の有効性を明確に示しました。
Bone and Joint Decade 2000-2010 Task Force on Neck Painでは、首の痛みに対するコールドレーザー治療の有効性をレビューしました。 このレビューでは、低レベルレーザー療法 (LLLT) は多くの状態にとって価値のある治療法であると結論付けました。

 コールドレーザー療法の利点

コールドレーザー治療は、外科的切開を必要としない非侵襲的な手技です。
長期に渡る回復時間の必要はありません。
追加の薬は必要ありません。
正しく使用した場合、深刻な副作用はありません。
数多くの医学研究に支えられています。

 コールドレーザー療法の不利点

  • 改善が見られる前に、いくつかの治療が必要になる場合があります。
  • 古傷などは、治療の初期段階で刺激されることがあります。
  • 高価。

Spooky2の利点

  • 便利で使いやすい。
  • お手頃価格。
  • 品質。
  • 周波数のコントロール。

コールドレーザー治療を45分実施した血液細胞の変化(前後)の写真を見てみましょう。

コールドレーザーは、治癒を促進するために周波数をパルス化することができます。 次の研究は、周波数を使用して効果が高まることを証明しています:
[J Rehabil Res Dev. 2009;46(4):543-54.]

パルス赤外線レーザーを使用した低レベルのレーザー治療は、第3度熱傷治癒のプロセスを加速します。

抜粋

この研究では、パルス化した低レベルレーザー療法(LLLT)がラットモデルの第3度熱傷の治癒に及ぼす影響を調査しました。74匹のラットの皮膚に第3度熱傷を2ヶ所(遠位および近位)作りました。ラットを4つのグループに分けた。グループ1では、レーザーをオフにして遠位熱傷にLLLTを受けさせました。グループ2および3は、それぞれ2.3および11.7J/cm(2)エネルギー密度の3,000Hzパルス赤外線ダイオードレーザーで遠位熱傷の治療をしました。グループ4では、遠位熱傷を0.2%ニトロフラゾンで局所的に治療しました。すべてのグループの近位熱傷は、対照熱傷(control burns)と見なされました。微生物学的および肉眼的に治療に対する反応を評価しました。カイ二乗検定では、ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、乳酸菌、およびジフテリアの発生率が、他のグループと比較してレーザー治療グループで大幅に減少したことが示されました。個別のサンプルのt検定は、11.7J/cm(2)エネルギー密度のLLLTが、関連する対照熱傷と比較して、熱傷後3および4週間で創傷閉鎖率をかなり増加させることを示しました(それぞれp=0.018およびp=0.01)。11.7J/cm(2)/890nmのパルスLLLTは、ラットモデルにおける3次度熱傷で、対照熱傷と比較して、創傷閉鎖率をかなり増加させました。
[Lasers Med Sci. 2013 May;28(3):941-5. doi: 10.1007/s10103-012-1182-4. Epub 2012 Aug 16.]

低レベルのダイオードレーザーは、創傷治癒を加速します。

抜粋

この論文では、パルスダイオードレーザーによる創傷イルミネーション時間が創傷治癒プロセスに及ぼす影響を調べた。この目的のために、650nm波長のCWダイオードレーザーの元の電子駆動回路が再構築され、デューティサイクルが50%、パルス繰り返し周波数が1MHzのパルス出力レーザーが得られました。生後3か月の20匹の雄マウスを使って、創傷治癒の進行に対するレーザー光生体刺激効果を追跡しました。マウスは2つのグループに分類され、傷は各マウスの両後ろ側に作られました。パルスレーザー療法の2つのセッションが15日間実行されました。各マウスグループの傷は、このパルスレーザーを12日のセッションの間、12または18分間照射されました。この研究の結果は、同じタイプのレーザーを使用した以前の創傷治癒療法研究の結果と比較されました。以前の研究におけるマウスの創傷には、初日と二日目にわずか5分のイルミネーション時間療法を適用しました。この研究では、12分/セッションで照射された創傷が、18分/セッションで照射された創傷よりも約3日早く治癒したことが分かりました。それらの両方は、コントロールグループよりも約10-11日早く治癒しました。

文献のレビューは、LLLTが創傷治癒に生物刺激効果をもたらすことを示していますが、まだ明らかな推奨はできません。
48匹の雄のラットをグループ1と2に分けました。0日目に、蒸気を当てて第3度熱傷を各ラットの背部に行いました。グループ1では最初の火傷を、週に3回、0.396J/cm2の80Hzパルス890 nm赤外線ダイオードレーザーに曝されました。グループ2では最初の火傷を不活化レーザーに曝されました。2回目の火傷は両方のグループで0.2%ニトロフラゾンの局所塗布で治療され、3回目の火傷は何の治療も受けず対照の熱傷と見なされました。火傷は臨床的に検査されました。両方のグループのラットは、8日、12日、20日の間治療されました。8日目、2日目、および20日目に、火傷の微生物学的サンプルが収集され、分析されました。 データはカイ二乗法を使用して分析されました。

結果:

1組になったt検定では、レーザー治療による火傷の創傷閉鎖率(17.6/-1.86日)が、対照の熱傷(19.6 /-0.81日)のそれよりもかなり長いことを示しました(p = 0.007)。- レーザー治療した火傷は、対照よりもかなり塞がる確率が高かった。カイ2乗検定では、各微生物(皮膚常在菌、黄色ブドウ球菌、および緑膿菌)には有意差がないことが示されました。

結論:

80 Hzのパルス赤外線ダイオードレーザーを使用したLLLTは、ラットの第3度熱傷の治癒を促進しました。
重度の火傷の治療で最も重要なことは、創傷をできるだけ早く閉じることです。

 注意事項

  • Spooky2 Cold Laserは実際のレーザーを使用しています。
  • 妊娠中の方は、コールドレーザー療法を使用しないでください。
  • 甲状腺の病気が疑われる方は使用しないでください。
  • 目に直接レーザーを当てないでください、永久損傷を引き起こす可能性があります。
  • Spooky2 Boostからのブーストされた出力を使用しないでください。高電圧はデバイスを損傷します。

追加情報

追加情報

重さ 該当なし
Spooky2 コールドレーザーツイン

Epacketで無料配送, 独自の配送方法を選択

レビュー (0)

レビュー

レビューはまだありません。

“Spooky2 コールドレーザーツイン” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です